袋地 無道路地・旗竿地の通行権

ご自身がご相続もしくは、売買により取得された土地や売却を依頼された(もしくは、将来ご売却の予定のある)土地が袋地(無道路地)や旗竿地となっており、法定の条件を満たさないため、建物の新築ができなかったり、建築に際して非常に大きな制限を受けて、当初の希望通りの建物が建てられなかったり、更には、その土地を売りに出したのだが、相場より相当低い売買価格しかつかなかったというトラブルがよくあります。

この手のトラブルは、実体法の知識(裁判業務に関する知識を含む)と登記申請手続に関する知識の双方を併せ持つ、裁判業務を専門としている司法書士に相談することで、一定の条件の下に、法的解決が可能です。(通行権が認められるかどうかは、事案や通行権を求める理由によりバラバラです。)

将来的には、この土地は売却する可能性がある。
例え売却の予定が一切なかったとしても大切な財産だからこそ、本来の価値を取り戻したい。
もっと切実に、自動車を自宅に乗り入れることが出来なくて不便であると感じておられる方もいらっしゃるでしょう。
自動車も通れる通路があることを前提に奥の土地を購入したのに、いつの間にか、前の家の人たちが通路内に建物を建てて通行を妨害していたという方もいらっしゃるでしょう。
通行権、袋地(無道路地)、旗竿地でお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度当事務所へご相談下さい。

お気軽にお問い合せ・ご相談ください。

Valid CSS!

Valid HTML 4.01 Transitional

メールでのお問い合せ