債務整理(任意整理)について。

債務整理の多くは、任意整理の方法で行われます。
司法書士が代理人になることによって、ご本人にかわってサラ金などの消費者金融と交渉し、利息制限法などの法に基づく再計算をおこない、月々の返済額を少なくしたり、払いすぎたお金を、取り戻したりします。

賃金業者への受任通知の送付後は、本人に対しての請求が禁止されるので
賃金業者の本人への取立てがなくなります。

以下、手続きの流れを簡単にご説明させて頂きます。

  1. 依頼者の手持ちの資料と御事情を聴取しながら、処理方針を検討し、決定します。
  2. 受任通知を各債権者に送付
  3. 債務調査
  4. 債権者と返済金額・条件について交渉
  5. 和解成立
  6. 借金の消滅及び、過払い金の取り戻しまたは、(5)によって、決定した合意による金額の弁済開始

任意整理手続きの結果

返済が残る場合
司法書士が代理人として交渉するので、利息がつかなくなる場合が多いので、返済が楽になります。
調査の結果、債務(借金)が、弁済により終了していたり、債務が存在していないことが判明した場合
司法書士が貸金業者と交渉し債務(借金)は消滅して、なくなります。
過払い金のあることが判明した場合
貸金業者(債権者)との全取引経過を調査した結果、利息などの払いすぎによる過払い金があることが判明した場合は、司法書士があなたに代わり返還請求をします。

Valid CSS!

Valid HTML 4.01 Transitional